[HENJINKUTSU]
since 1999.01.07
アクセスカウンター

■5893.jp

■過去ログ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

■月別アーカイブ

■個別ページ

ワンス・アポン・ア・タイムイン・チャイナ IV 天地覇王

ワンス・アポン・ア・タイムイン・チャイナ
IV 天地覇王

 


今一番俺達の中で熱い映画.それがこれ、ワンス・アポン・ア・タイムイン・チャイナIVだ。だがズバリ言おう。自分はまだこの映画を見ていない。それは長崎のレンタル屋に行くといつも、ワンチャイの天地覇王だけ、いつも貸し出し中なのだ。これは陰謀だろうか思う。

それならば、何故、見てもいないのにこの映画を、そして主演である(間違い)ビリー・チョウをイチオシするのか。それは全比連レオパルドン氏のページを偶然発見したからなのである。
氏のページはこちら。そしてこのページの最初のコンテンツ、ビリー・チョウの恋する惑星を最初に見た時には、震えが止まらなかった。す、すごい、すごすぎる・・・

自分は、震える手で自分の同士にICQで電文を飛ばした。「すごいページがあるぞ・・・」と。・・・我々は、まるでビリー虫に寄生されたかのごとくページを読みふけった。そして、馬殴りの話を見たとき、思った。「うがぁ、これは見てえ。」

しかし神は私に、長崎の同士に微笑んではくれなかった。最初にも書いたが、いつ行ってもワンチャイの天地覇王だけが借りられているのである。他のシリーズはいつでも借りられる。
ビリーにだけ、出会えないのだ。さらに、レオパルドン氏の「要チェックビリー映画」の1つ、フィスト・オブ・レジェンドも貸し出し中。(一回有ったが会員証を忘れていた(涙))ビリーに会えない。馬殴りを見たい!・・・だが、すでに諦めかけていた。

しかし、そんなある土曜日、富山の同士から、ICQであるメッセージが送られてきた。
「AVIをMPEGにするソフトってないかなあ」
その同士の彼は、以前俺にフライングコップを教え、デスクリを教えた男である。先日も、深夜「ビリー、見たいよね」と、話していた仲である。ま、まさか・・・コイツ・・・
ある確信が私の中を過った。そして、数分後、ヤツは俺のハードディスクの中に転送された。

C:Windowsデスクトップ馬殴り.mpg(5.23MB)

「やはり・・・」転送が開始されたときに出た名は自分の予想通りの物だった。そして、届いたファイルの中身も、予想通り、いや予想以上のものだった・・・。

とりあえず、こちらのワンチャイ天地覇王の解説を見た後に、是非鑑賞していただきたい。
これは・・・・すごすぎる。

馬殴り動画
馬殴り動画
2.37MB RealVideo/01:37
(MPEGより長く小さくなるので作り直しました)
ワンチャイ4そしてビリー・チョウの役どころ(9月追記)
この作品は、結構有名な、ホンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナの第四作。八カ国連合軍が中国にいたころのお話。主人公役の方が、1-3までと違う。だが、そんなことは些細なことでしかない。なぜなら、この作品の真の主人公は、ビリー・チョウだからだ

この作品の中で、ビリー・チョウは、ドイツ軍に雇われた傭兵で、超怪力の持ち主:大力王、としてフェンシングの達人を演ずる眉無しマントマン・・じゃない、チン・カーロウと一緒に登場する。主人公周りが弁髪の中、彼は非常にかっこいい。だが、そんなの問題じゃない。馬だ、馬なのだ。初登場の時、上の画像の姿で登場する。すると、馬が連れられて走ってくる。すると、突然肩の上のチン・カーロウが飛び降りる。すると、突然奇声を上げながら馬に向かってい走っていく。びびる馬!(マジで馬が避けようとしている(笑))、そして気合一閃!「ぐぅ」で馬を殴り飛ばすのだ!!!

恐らく、大力王の力を示すためのシーンなのだろうが、さすがにこのシーンはあまりにも衝撃的だった。馬を、馬を素手で殴り飛ばすのだ!しかも、ビリーがかっこいい!何十回巻き戻しても見る価値は有る。見た人間は、ほぼ確実に何回も見ているはずだ!

なお、この作品では、他にビリー・チョウは、首を再びパンチでりフッ飛ばし、主人公格の者と激闘を演じ、将軍をり骨を砕き、地面をり動けなくなったり、馬に踏まれるとのあまりにも壮絶過ぎる役なのである!是非、見ていただきたい!

8/16 追記

・やっと念願の天地覇王を借りることが出来ました。 で、早速地元の同士と鑑賞しました。
あんまりいろいろと書いてしまうと、これから見る人の楽しみ奪っちゃうんで、前半部の見所(?)を、画像付きで大紹介。

最初の出演者の字幕が流れる所。一番左に「周比利」の名前を発見期待を膨らませるところ。
身内で鑑賞会したときは、この時点で歓声が起こる。まだ名前しか出てません

序盤の金龍と獅子との小競り合いも良い。長崎の人間として、長崎くんちの「龍踊り」を見なれている人間としては、もち手の棒を階段状にして、駆け上るのは完全に予想外だった

ちょっと濱口優似の眉毛を持つ(逆が正解(?))先生、激強すぎ。鞭捌き、ズバット並。
そういえば、やられている娘に、すっげえ好みの娘発見。いや、そうじゃなくって、俺。

そして・・・ 視線の先に・・・・・・
・とりあえず、絶対に見て損はしないので、見たことが無い人は絶対見るべし。
静止画や、文書とかではなく、是非「動く絵」で見ていただきたい。本気で感動する。
あと、先輩諸兄から1.2は傑作なので是非みるべしとの事。あと外伝の「 アイアンモンキー」も素晴らしいらしい。・・・自分は現時点ではまだ見ていない・・・糞ッ。

あ、それで、長崎市内で見ようと思った人、とりあえず今は、借りないでください。
俺が借りられなくて困ってます。(実話)