[HENJINKUTSU]
since 1999.01.07
Total HIT

■過去ログ

2004年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

■月別アーカイブ

■個別ページ

2004/10/23

・エースンコンバット5が面白すぎて、そしてロマンすぎて背筋震えっぱなしですよ!

ヘビープレイの結果無事にクリアしております、まず一周。今後死ぬまでにおいてあと何回プレイするのやらか…非常に面白かったので大満足です。

にゃんこハウスさんの茜たん絵が押し倒したくなるほど可愛い。

むしろ押し倒します。

ねこねこはうスさんの茜たんのイラストがかわいいです。

新型ウイルス「ZAKU」が登場~ファイルを削除する可能性も [InternetWatch]

ホームページビルダー9がなんかよさげなのでメモ

ハドソンのMMORPG、Yahoo!BB限定配信[ITMEdia]

孫さんの弟さん久しぶりにみたので…

岡崎律子さんのアルバムFor Rits(仮)、12/29発売決定か

岡崎さんに、また会える。あれからずっと情報がなくてもしかしたら発売中止なのかな…と思っていただけにとても嬉しいです。

福岡での「雲のむこう、約束の場所」の上映は12/4から

それもですが『デビルマン』は映画ファン必見だ!(山本弘のSF秘密基地さん)が気になってしまったのでデビルマンを見に行きたいです。いや行きたくないです。

ブロッコリー偽装も認める/関係者にローヤル元係長

見出しだけをみて一緒「にょ!」の方かと思った…そういえば「にょ!」な着ぐるみさんたち最近見ませんが何処行ったってよりは今一度日の目を…。すいませんブロッコリーといえばもうそこらへんしかここ最近興味ないです!GA見てないし

 たぶんシュガーみたらまた一週間くらい延々とシュガーシュガー言ってるんだろうな

・googleで「ネコミミモード」で検索すると…

CM出すほど人気殺到なのかい…

和さんの、新幹線vs台風バトル!がむちゃくちゃ燃えた!

なんかWF帰りの東京→長崎で新快速が姫路まで行かず大阪で力尽きたのを思い出した…うう、なんてこった…というかまあ方向的に台風に正面からぶつかっていたからどうしようもないのですが。

びがさん西武ドームいてきた

はじっこの中の人、無敵なので退院へ。

 

香港いてきた!三日目!

※あわせてSKAさんの香港旅行記、および城大秋祭のレポページをご覧になるとなお楽しめておトクです。

香港旅行も三日目、いよいよ今日が今回香港に遠征した最大の目的である香港城市大学で行われる同人誌即売会/コスプレなイベントである「秋祭」の当日です。とはいえこの秋祭は、土曜と日曜二日間にかけて行われるイベント…大学の学園祭?といったノリだとは思うんですが、それが二日がけという事でまったく想像がつきません。

とりあえず不測の事態が発生しても良い様に厳重に…という事はなく、いつものイベント感覚でのんべんだらりとするたびさん。この度胸は臣民達も見習うべきだと思ったね!(ただ図太いだけです)そんな風に朝から準備をして、昼前に我々が宿泊しているホテルまで今回イベントにお誘いいただきました月地さんと、香港…もしかしたら東アジア圏唯一の着ぐるみコスプレイヤーのMICHOKOさんがお迎えに来てくれました。ご挨拶させて頂いた後にワンチャイからバスで大学があるクーロンに向かいます。

なお、この移動中に月地さんと東京ミュウミュウの話題で盛り上がる。一部の人間は知っているかもしれませんが、かつて香港にミュウイチゴが出現して、その写真がWEBに掲載されて各地の民が動揺した事がありましたが…その写真を撮られたのがこの月地さんだったー!着ぐるミュウ好きの同志としてはそら話で盛り上がりますよ!というか東京ミュウミュウの着ぐるみにもう一度会いたいので誰かお知恵を!…っとと、閑話休題。

そんな感じでのんびりとした雰囲気の中バスは地下トンネルを潜り香港島から九龍半島へ。 バスからおりた後少し歩いていたら、見えてきました香港城市大学。

というかこれが大学!?自分の大学の印象といえば地元の大学などなのですが、それと比較してしまっても…近代的すぎるそして美しい。

そして、そんな大学の中を抜けるとそこには…

我々が知るいつもとかわらない風景がありました。俺たちヲタの思いはいつも一緒だよ、それに国境なんて無いんだ!という感じで会場はすでにコスプレイヤーさんいっぱい、カメコさんもいっぱい。とはいえ雰囲気は国内のイベントとはまったく違うこう、学園祭テイストも混じったとても熱気があり、そして楽しいもの。(※別に国内のイベントが楽しくない、と言っているわけではない、ないが…)レイヤーさんがみんな生き生きとして…撮影されてない時もずっと笑顔で空気を楽しんでいるそんな感じなのです。先日自分が感じた「私達はここで生きていますっ!」といったような生命力とでも言う熱気をこの会場でもビンビンに感じました。

それで、コスプレイヤーですが…ぱっと見た感じ、テニプリ、鋼の錬金術師、デジキャラット、NARUTO、ガンダムSEEDは複数いました。他にはシスプリしかもチェキ)、おジャ魔女どれみ(ももこ…わかってるな、うむうむ)…プリキュアもいたかな。ぶっちゃけ国内とたいしてかわりません、時差一ヶ月~三ヶ月といった所でしょうか。ヤミ帽のリリスが居たのにも驚いたかな…しかも男性、でもめちゃくちゃ綺麗。

…はっ、いけない。ぼけーっとコスプレイヤーさんを眺めるために我々は香港に来たのでは無いのです!というか遊んでいるとまほろさん&舞がすねます!という事で準備に…そしてまほろさんが先に会場に、舞さんとMICHIKOさんのレミィさんは少し遅れて会場に。

お昼ごはんの時間帯も過ぎ、会場の雰囲気はもう最高潮。なんか遠くには30人くらいのカメラマンさんたちが壁つくってどっかのレイヤーさんを囲んで撮影しているし、あぁもうすごい雰囲気というか熱気だな…ところで先に出たまほろさんどこ~?と会場を見渡してみますもいない。本当にドコだ?と思っていたらさっきの30人くらいのカメラマンさんの壁の巣釜から、どこかで見たカチューシャが…まさか!?と思ってかけつけてみると…

…おい、まほろさんすごい事になってるぞ…。イメージとしてはSKAさんの香港レポでも書かれてますが空港に降り立った映画スター。延々とフラッシュ途切れないしすげえな~とか思って眺めていました、そしてそのまほろさんを撮影する壁の後ろからひょっこりと「…なにしてるの?」って感じで眺めてる舞。


(イメージ映像)

しばらくは気づかれなかったのですが(舞の基本は孤独!)、ふと横を向いたカメラマンさんに気づかれて声あげて驚かれた後に「さあさあ一緒に、一緒に!」って事を言われて(たぶん)という事で三人で一緒に。

…なんか、夏のWHF神戸での集合写真の時もすごいと思いましたが、秋祭は…そんなもんじゃねえ…なにこれ…ってくらいすごかったです。そしてみんなほんと真剣に写真を撮られていて熱気がビンビンに伝わってきます。そういったわけで改めまして今回、香港城市大学での秋祭で一緒に行動していたのは


まほろさん/SKA


レミィさん/Michiko’s Homepage


舞/K2

という事で後はもうもみくちゃ。そして延々「一緒に写真を~」というお誘い…そらもう舞さんのマスターとしても嬉しかったですね、国内でこんなに愛される舞さん見たことないですよ!哀されてはいますが…ってまた話がずれそうになった。

それで、実際に撮影を~といって来られる方の幅も老若男女様々。うちがもうみた瞬間一目ぼれしてしまうような超絶美人の御姉さま、もし俺が女だったら抱かれたいランキングに一気に入ってきそうな超美景のお兄様。まだ若いのかな?可愛らしい女の子の集団…もうなんでもありだよこっち!そして、そんなみんなの目がもうキラキラしてんの…変な意識を持たずに、純粋にこのお祭りを楽しんでいるといったそんな雰囲気…これは、楽しい!

ここからは皆様にとっていただいた写真のほんの一部です。実際にはもっと沢山の人に撮影してもらってとてもいい思い出がいっぱい出来ました。

会場ではとりあえず立ち止まったら撮影お願いされるって状況でした。当初は二時間だけくらいで…って予定だったのですがそんな事は状況が許さず。むしろこの楽しい時間は永遠に続いてもいいな…と思う感じの時間が流れていきます。

勿論ちびっこたちと遊ぶのも、むしろこれがある意味最大の楽しみ。香港のちびっこは…また関西のちびっこ以上にシャイというか、妹さんがお姉ちゃんの後ろにかくれてちらちらっと見てて、まほろさん達が「おいでおいで~」ってするともう満面の笑みで近づいてる。そしてお母さんの携帯電話借りて頑張ってみんなの写真撮って、そして「こんなの撮れたよっ!」って百点満点の笑顔で写真をみせてくれるわけですよ。

もうね、むちゃくちゃ可愛いのこれが!そんな感じで会場では大きなお友達、小さなお友達問わずにみんなと遊んだり遊んでもらったり、放置されて舞さんまたショボーンとしたり(お約束)とまったりとした時間が流れていきます。


※今回のお気に入り写真。珍しく舞さんがおしとやかだ…

…といっているうちに、撤収予定時間を過ぎてしまったので最後に3ショットを少し離れた所で撮ってもらった後に撤収です。

※会場ではautoさん、はやみさん、仲人さん、荷物をもってくださっていたMICHOKOさんのご友人様といった香港での皆様に大変お世話になりました!この場を借りて改めて御礼申し上げます。

その後、舞さんとまほろさんがひっこんだ後は、東アジア圏のマスターさんでの交友を!という事でMICHIKOさん、なつき師、そしてクソッタレの俺の三人でディナーになるわけですが、今回はなんとこの香港城市大学の学食に潜入する機会をいただきましたので学食でディナーとなりました!まさか香港にきて、こっちの学食を体験できるとはたぼらっち大喜びです、早速学食に…

…ここほんとに学食なんだよ!?近未来的なクールな雰囲気に、そして本格的な中華料理屋でしか見れないような厨房風景。しかしメニューと価格をみると確かに学食…ここの学生に嫉妬だ嫉妬!そして朝から何も食べてな狩った我々は北京ダック?とりあえずなにかわかりませんがおいしそうな物体(あいまいだなオイ)、MICHIKOさんは出前一丁カレーを。

…こっちでは出前一丁大人気。学食でも出前一丁はメニューではなく「ジャンル」です。なんというかこっちで言う所の「飯類・麺類・パン・出前一丁・デザート」といった感じでメニューも豊富でした。流石に香港まできて出前一丁はどうよ?と思いましたので興味深かったのですが今回は回避。(吉野家食べてるやつが何を)

ここで、いろいろと東アジア圏着ぐるみのマスターさん会談を行いたかったのですが、もう「うまいっすわー、うまいっすわー!」と連呼してバクバクと飯を食べていた俺はもうたび必死だなって感じでした…ご馳走になってしまい申しわけございません。余談ですが真後ろのテーブルではガンダムSEEDの皆様がテーブル占拠して楽しそうに食事してました、フレイ様&カガリが可愛かったのよ、しかも色っぽかったし!

そうこうしているうちにあたりはすっかり夜が支配する時間帯に。

そろそろホテルに戻らないといけない時間でして、ホテルまでのバスまたしてもMICHIKOさんに送っていただく事になりました。

バスの中から「あ、和民だ…」と思っていて外を眺めていたら、流石にここ数日の疲れからかウトウト…国外にまで行ってバスの中で寝れるとは我ながらこの大物っぷりに恐れ入ったな!(危険です) というわけで途中意識を失っていましたが気がつけばワンチャイに戻ってきました。ホテルのロビーまで送っていただき、ここでMICHIKOさんとお別れ…本当の楽しかった、とても有り難う御座いました!

部屋に戻ってからは荷物をおくだけおいてスッキリした後、香港最後の夜という事で二人で観光に出かける事に。目指すはヴィクトリアピーク!という事でセントラルまで地下鉄で移動して、後はカンを頼りにブラブラしてみます。(ガイドブックは部屋においてきた…だって香港はもう俺の地元だからね!←だまってろ)

あ、消防車…とか思いながらテクテク歩いていたら、ヴィクトリアピークにのぼるピークトラム(山を登るケーブルカー)乗り場に到着。

…なんかすごい派手派手しい内装ですが、ある意味香港最後の夜を飾るには相応しいわ!さっそく今回の旅行でお世話になりまくっているオクトパスカード(日本でのSUICAみたいなもの、ただしほぼ全ての交通機関&コンビニなどでの支払いでも使える!)を使っていざピークトラムに。

こんなアホみたいな傾斜を上っていきます、ちなみに途中で飛び降りても秘密の晩餐会に誘われるわけではないので注意というか飛び降りたら死ぬぞここ…とか思いながらピークトラムも目的地に到着。そこで我々を出迎えてくれたのは…まさに、香港の街全てでした。

山の上という事でとても気持ち良い風が吹いていきます。眼下に広がるは光とそして生命力に満ち溢れた香港の街並み。…ああ、この街に来てとてもよかったな、そしてまた来たいな…心からそう思いました。そうやってコ一時間程感動的な、どこまでも感動的な風景を心に納めました。だけど次は胃袋になにかを収めないといけません。これが最後の夜食かな…という事でまたしてもピークトラムを使ってセントラルに下りMTR(地下鉄)でワンチャイ。ここでオクトパスカードの残金を全て払い戻ししてもらって、ワンチャイの街ヲブラブラと…そしてなんかうまそうな店をみつけたので突入です。

ここがまたうまかったんだわ…こんなでかくて、ぶあついステーキにピラフがついて25香港ドル…結構食べる自分でも「く、くるしい…」となる量そしてむちゃくちゃ美味いこの味。ちょっと英語が通じなくて意思疎通で問題がありましたがそこは同じ地球市民、魂でなんとかなる!という事で大満足の夜食となりました。その後は帰りにコンビニで物資補給。ここでもまたなつき先生の伝説が見れたのですが…まあそれに関しては黙っておきます!そして部屋に戻ってある程度の荷物の整理をしてベッドに横になったらそのまま眠気が襲ってきたのでした…

明日はいよいよ日本に戻ります。

Comments are closed.